ハウジングアシストクラブとは シックハウス対策 無垢材の家 Web現場見学 住宅セミナー お問い合わせ
究極の適正価格とは 失敗しない家づくりとは 私たちの主張 コンストラクションマネジメント 設計の重要性 家づくり環境宣言
パソコンからの住宅セミナーのお申し込みはこちら
スマートフォンからの住宅セミナーのお申し込みはこちら
【2019年セミナー参加受付中】

お知らせ
2019年5月 第123回住宅セミナー日程が決まりました。
本部住所:東京都中央区八丁堀3-1-1 京橋第三長岡ビル
JR東京駅八重洲口 徒歩9分
都営浅草線宝町駅 徒歩3分
地下鉄銀座線京橋駅 徒歩9分、日本橋駅 徒歩8分
地下鉄日比谷線八丁堀駅 徒歩6分

本部セミナールームは無垢床材、無垢建具で、壁はエコカラット及び
珪藻土塗りで仕上げました。
自然素材の落ち着いた雰囲気で受講できます。

 「ハウジングアシストクラブ」 の“住まいづくりに関するセミナー"も、 本年二月の開催で、122回目を迎える事となりました。年に、およそ6回のペースで開催してきた 事を考えると、20年余り活動を続けてきたことになります。
 この会の構成メンバーである、4社の設計事務所の面々も、多少の入れ替わりもあったものの、各人、少々感慨深く思っております。

 設立当初より、住まいづくりの現状に関する、あらゆる問題点を掘り起こし、またそれらに対する賢明な対応策を、色々な角度から分析し、開示してまいりました。
 建築を考えておられる皆様方の疑問、不安に、少しでも答えられればとの思いからでもありました。

 おかげさまで、これらの考えをしっかり盛り込んだ、我々「ハウジングアシストクラブ」の活動は、セミナー参加者の多くの皆様方から、これまで高い支持を得、今日に至っております。
 我々と一緒に建築を進められた方々のお家の数も、現在では、何百棟にもおよんでおります。

 最近では、我々の考え方、活動に注目、賛同される“設計事務所"や“工務店"のプロの方々も、時々ではありますが、我々のセミナーを聞きに来て参考にしておられます。また、我々と同様の内容で、活動を始めだしたグループも何社かいると聞きおよんでおります。

 我々のこのような活動は、「ハウジングアシストクラブ」が“創業本家"だと自負する一方で、このような現象が生じること自体、我々にとって非常にうれしく思う次第です。
 なぜなら、我々の活動がいろいろな分野の方々にも注目され、認められ、支持されていることに他ならぬことだと、認識しているからです。

 私共も、決して現状に満足することなく、常に新しい知識・情報を取り入れ、少しでも住まいづくりをお考えの皆様方に、お役に立つよう、これからも努力していく所存でございます。

 我々「ハウジングアシストクラブ」は、毎月メンバーが集まり、勉強会を行っております。
単に知識だけの勉強ではなく、「真に住まいを考えたときに、何が必要なのか」を、建てられる人の観点から進めていく訳です。
 一例を挙げますと、
 建築をお考えの方たちの、最近の傾向としては、“メンテナンスのかからない建物"を希望される方が増えてきているように感じております。
 これは、大きくとらえると、建てられる方々が長寿化してきた事も影響があるのかもしれません。
 “メンテナンス"一つを考えるにしても、単に“材料・モノ"の対策としてとらえるのではなく、細かな納まりや工夫・配慮というような“ソフト"な面の対策も大きく影響するということを念頭に、基本の設計時点にさかのぼり、皆で考えていくわけです。
 これは、新築に限らず、リフォームに於いても同様の対応です。

 今後も、我々「ハウジングアシストクラブ」は、これまで培ってきた“貴重な経験"を生かすと同時に、最新の知識・情報を取り入れ、建築をお考えの皆様方に少しでも役立つよう、さらなる活動をしてまいります。

 今後ともご期待の程、よろしくお願い申し上げます。
ハウジングアシストクラブ代表 大倉 優

株式会社 大倉企画設計
代表取締役 大倉 優



ハウジングアシストクラブ設立趣旨


住宅産業には様々な問題が内在しています。その問題を解決し、質の高い家を適正な価格で供給する仕組みを考えるため、設計事務所中心の研究グループとして1997年ハウジングアシストクラブを設立しました。
その改善の目標は、次の通りです。

1.日本の住宅の寿命は、30年に満たない。これは、環境負荷の面からも見過ごしに出来ない問題であり、少なくとも今の倍の寿命60年以上、価値を維持出来る家づくりを目指す。
2.家の寿命を伸ばすには、劣化する素材(集成材、合板、石油製品等)を家から徹底的に排除し、経年で味わいを深める無垢材を中心の家づくりをする。このことのみが、家の長命化、シックハウス対策の唯一の方法と考える。
3.ローコストを目指すのでなく、適正価格で透明性の高い家つくりを目指す。間接経費を排除し、適正価格を徹底的に追及した上で、原価を公開する透明度の高い供給体制を構築する。
4.効率を図っていい家づくりは出来ないと考え、情報開示と説明責任を果たし、丁寧に時間を掛けて、お客様との間に良好なコミュニケーションを構築しながら計画を進める。
この目標を掲げ、活動を始めてから20年以上の月日が流れました。改革には困難を極めましたが、今では一定以上の成果を挙げたと自負しています。

この活動を元に、お客様に正しい情報と必要な基礎知識を取得出来る場として始めた【住宅セミナー】は、過去100回を超え、多くの受講者に新たな情報を伝え続けています。

お客様に伝わっている情報は、供給者側の一方的情報に過ぎません。
家に関する様々なホームページを開いて下さい。そこには、供給する家の素晴らしさを強調すうるばかりです。しかし、家は完璧商品とは言えません。残念ながら長所の裏には短所があります。
長所だけを強調した情報だけを判断材料にしたら、出来上がった段階で裏に潜んていた欠点が露呈して不満足に繋がるのです。これは危険な進め方なのです。

この【住宅セミナー】は、供給者側の一方的情報でなく、本当の意味でお客様に必要な情報と知識を渡したいと考え、2週間に渡り、全8講座のハードな内容ですが、失敗しない家づくりのために必ず役立つ2週間となるでしょう。
有料ですが、ご夫婦、ご家族ご一緒にご参加下さい。営業活動もありせん。
詳細はこちらから



2019年セミナー参加受付中


Copyright HOUSING ASSIST CLUB All rights reserved