ハウジングアシストクラブとは シックハウス対策 無垢材の家 Web現場見学 住宅セミナー トップページへ
究極の適正価格とは 失敗しない家づくりとは 私たちの主張 コンストラクションマネジメント 設計の重要性 家づくり環境宣言

   住まい復興プロジェクト
  

被災地の皆様へ
【住宅の設計を無償で提供します】

報道で厳しい状況を見るに付け、心痛みます。
しかし、皆様が厳しい状況にも拘わらず、秩序を保ち、他人を気遣い、助け合う姿を見て、むしろ私たちが勇気づけられています。

私たちは、東京を中心として、住宅の企画、設計、建築を仕事としていますが、被災地は地域外であり、直接役立つことが出来ないことを残念に思っていました。
しかし、一つだけ出来ることがあります。それは住宅の設計です。
厳しい現実は、家を建てることは困難であると一定の理解をしています。
それでも、多くの被災者に取って、家の復旧は【希望の光】であると思います。
その【希望の光】を灯すことの手助けをしたいと思います。

・時間が掛ろうとも長年親しんだ地で必ず家を復旧しようと考えている方。
・故郷を離れ、避難場所で暮らされている方で、いつの日か愛する故郷へ帰ろうと考えている方。
・家の復旧は無理と考え、絶望的になっている方、決して、家の復旧を目指す方だけのためにプランの提供を考えているだけではありません。
 むしろ、そのような方にこそプランの提供をしたいと考えています。絶望的であっても、プランを介して、ほのかな光を見出せるなら、
 その光は、明 日への希望であり活力となり、困難な復興に力強く一歩踏み出せる一助となる可能性があると考えるからです。

心を込めて設計させていただきます。

被災地にこのメッセージが届かない可能性があります。
このページを見た方で被災された、親族、友人、知人にお知らせいただけたら幸いです。


●プラン提供対象者
1.東日本大震災で被災された方の全て。
2.住まいの復旧を目指されている方。急がれていなくても構いません。
3.故郷を離れ、避難所や移住されて暮らされている方で、いつか愛する故郷に帰ることを夢見られている方。
4.住まいの復旧は無理と考えられている方でも、プランがあることで、ほのかな光を見出し、明日への希望と活力となる可能性があると考えられる方。
必ずしも、住まいを復旧される方だけが対象ではありません。
私たちが提供するプランは、必ずしも、住まいの復旧に繋がらなくとも、明日を考え、明日の活力となる【希望の光】を灯すこととなれば幸いです。

●実施要領
1.月間5組とさせていただきます。
2.5組を超えた場合、翌月対応となることをご了解下さい。
3.2011年4月から実施し、毎月月末で締め切ります。
4.プランの修正は、3回まで応じさせていただきます。
5.実施期間は、2013年3月までとさせていただきますが、復興状況により延長することもあります。
6.被災された親族、友人、知人の代理で申し込みいただいても受付ます。
7.建築相談窓口を常設します。建築対象地域外ですので直接建築は出来ません。
 具体的に計画を進められる場合、アドバイザーとして、建築全般の相談、内容チェック、見積適正チェック等を致します。

お申し込みはこちらからどうぞ!