ハウジングアシストクラブとは シックハウス対策 無垢材の家 Web現場見学 住宅セミナー トップページへ
究極の適正価格とは 失敗しない家づくりとは 私たちの主張 コンストラクションマネジメント 設計の重要性 家づくり環境宣言
   私たちの主張
  

東日本大震災に被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

日々報道で見聞きする悲惨な状況に心が痛みます。
その反面、厳しい状況下においても希望を捨てず、秩序を保ち、協力しながら困灘に立ち向かう人々の姿勢に心打たれます。


日本は、度々国難に襲われます。
その都度立ち直って来たのは、その小さなコミュニティを大切にし、お互いを思いやり、助け合い、
そこに秩序を構築するその日本人の美質によるものであったと今思います。
厳しい状況下においてこそ力を発揮出来る国民性に誇りを覚えるとともに、厳しい状況を乗り越えようとしている人たちに敬意を表します。


私は今、心穏やかな気持ちを保とうと思っています。
日々何でもないことに怒りを覚え、足りないものに不満を持ち、それを社会や他人に付け替えて来ました。
それらのことがいかに小さなものだったことに思い知らされています。
却って、私たちが被災に遭った人たちに勇気づけられています。
苦しい日々が統きます。しかし、そこには、明るい日が来ると希望を持ちたいと思います。
必ず復興を果たすと信じます。


私たちは家を建てることを業としています。
今更ながら、家は、家族の幸せを包みこむものであると痛切に感じます、
今の課題は、人々の安否であり、食糧であり、インフラでしょうが、復興の兆しが見えるのは、少しづつであっても、
家の復旧により見えて来るのではないでしょうか・・・
私たちは、家を供給することが業であるにも拘わらず、地域が外れ、被災に遭った方々に直接手を貸すことが出来ません。
その非力さに無念さを覚えます。


私たちに何が出来るのでしょう?

一つだけありました。
それは、被災に遭つた方々の復興に期を一にして、家づくりを共に考えることです。
このページに折々、家に関する正しい情報を流したいと考えています。
その意味で、四月上旬に開催予定でした第82回住宅セミナーは延期して五月中旬に開催することと致します。
なお、被災地の皆様には、セミナー資料全6冊を無料でお送りします。


少しでも痛みを分かち合えればと思います。
明日に希望を持ち、共に頑張りましょう。




▲戻る